小児歯科

子供の虫歯と健康

虫歯が痛むと食欲が落ちたり、
虫歯の多い子どもは少ない子どもと発育に差があったり、
歯並びや噛み合わせが悪くなったりします。
また、虫歯がひどかったり、歯並びが悪かったりすると、
正しい発音で話すことが困難になり、人前に出ても
引け目を感じる内向的な性格になることさえあります。
将来さえ決定することになりかねないので、
特に子供の虫歯は早期発見、早期治療が大切です。

子供たちが書いてくれたスタッフの似顔絵です♪

小児・フッ素シーラント

人の歯の表面はエナメル質でおおわれています。フッ素はこのエナメル質に取り込まれるとフルアパタイトという虫歯に溶けにくい性質に変えることができます。
虫歯に対しての予防措置として奥歯にシーラントというフッ素コーティングをしたり、他にも自然治療が可能な初期の虫歯の場合、フッ素を塗ることで治療を助けることができます。


フッ素湿布について

フッ素を定期的に歯に塗ることで歯を強化します。歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効果的に取り込むことができます。

  • (1)歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
  • (2)脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
  • (3)フッ素を歯に塗った後は30分ほど、うがいや飲食をさけます。

上記の(1)〜(3)を2週間の内に3〜4回行い、これを年2〜3回行います。
この他にもフッ素の洗口法(うがい)やイオン導入法などもあります。

咬号誘導(歯並びについて)

乳歯から永久歯に生え変わりの間に、あらかじめ歯並びに問題のあるお子様は簡単な装置を使って永久歯の歯並びを良くしてあげることが出来ます。
症例によっては、かかりつけの矯正専門の先生にご紹介する場合もあります。

小児矯正治療については矯正ページにて 詳しくご説明しております。 こちらをクリック!

ご相談・治療予約 0463-61-6060 午前9:00〜12:00 午後1:00〜7:00 休診日:日曜、祭日、木曜日午後休診、土曜日9:00〜15:00まで

pagetop
スマ-トフォンサイトを表示する