有近歯科医院 ARICHIKA DENTAL CLINIC

ブリッジ・入れ歯
Bridge&Dentures

歯を失ってお困りの方へ

歯を失った場合、ものを噛むことができなくなってしまいます
噛むことができなくなると食べ物をおいしく食べることができなくなるほか、口の周りの筋肉がたるんだ地顎の骨が薄くなったりして顔の形まで変わってしまうこともあります。
歯がなくなっても素敵な生活を送るために、患者様に合わせたブリッジ、入れ歯、インプラント治療をご提案いたします。

ブリッジ

失った歯が1本から数本の場合、ブリッジがもっとも一般的です。
ブリッジは、失ってしまった歯の両隣の歯を削り、失った歯(欠損歯)の代わりになる人工の歯を、橋の様に入れる処置のことをいいます。固定式であるため、装着しても違和感があまりません。

ですが、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。また、支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合があります。

保険のブリッジ
保険外 メタルボンドブリッジ(焼き物)
保険外 メタルボンドブリッジ(焼き物)

ファイバーコア

ファイバーコアについて
大きな虫歯や歯の破折、再治療などにより、歯に十分な量の歯質が残っていない場合には、人工の土台(コア)で歯を補強する必要があります。
当院では、歯に近い弾性を持っているファイバーコアを使用しています。
硬い金属性のメタルコアに比べ歯根破折のリスクを激減させ歯の寿命を延ばすことができます。

  • ファイバーコア(グラスファイバーの土台)
    ¥5,000〜

入れ歯

入れ歯は多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯がない場合(奥歯など)に行う治療法です。
入れ歯というだけで抵抗を感じてしまう患者さんもいらっしゃいますが、現在では入れ歯の種類も多数あり、患者さんのそれぞれのお悩みに応えられるようになってきました。

また、当院では技工士が常駐しているため、義歯の形や色をより細かく調整でき、入れ歯が壊れたときなども迅速に対応ができます。
初めて入れ歯を入れる方、今入っている入れ歯が合わない方、お気軽にご相談ください。

フルデンチャー(総義歯)

上顎 下顎

総義歯は歯ぐき全体で支え、取り外し可能です。総義歯は人工歯と床と呼ばれるものが一体となっています。 人工歯はよく噛みきれるように、床は装着の違和感をなくすために金属を使用することもあります。

ノンクラスプデンチャー(部分義歯)

部分入れ歯では、金属製のバネを歯に引っかけるのが主流でしたが、ノンクラスプデンチャーは金属を使わず歯ぐきと色調が同化するナイロン系の材質で歯を固定するためより自然な仕上がりとなります。

コーヌス義歯(部分義歯)

支えとなる歯を削りクラウン(内冠)をかぶせ、さらに義歯を取り付けたクラウン(外冠)を内冠のクラウンにはめます。

  • 金属床(コバルト)
    ¥250,000〜
  • 金属床(ゴールド)
    ¥350,000〜
  • 部分床義歯
    ¥250,000〜
  • 磁性アタッチメント
    ¥50,000〜
  • ホワイトクラスプ
    ¥10,000〜
  • エステテックデンチャー(バネの無い部分入れ歯)
    ¥88,000〜

保険外診療(実費診療)の保証システム

当院の保険外診療(実費診療)は保証システムがあります。
ここで記載される材料について、何かトラブルがありましたら修復物をいれてから3年間は無料で直させていただきます。
(ハイブリッド材料は2年間)

ただし次の項目が当てはまる場合、保証システムは適用できません。

  • 1.処置した歯が折れた場合や歯が抜けてしまった場合など、その歯が保存不可能な場合
  • 2.定期健診に来院していただけない場合(良い状態を保つために必要です。)
  • 3.入れ歯を落として割ってしまった場合や紛失した場合
  • 4.交通事故等、外傷による破損
  • 5.修復物をいれたあとの、形態や色の修正(仮につけた場合は修正できます。)

保証システム適用外でも何かありましたら、声をかけてください。
通常の価格よりも減額して診療させていただきます。
破損した材料はぜひお持ちください。トラブル解決の参考になります。

▲ page top